GAの魅力を世界に発信!GA MAG.を運営する編集長に逆インタビューをしてきました!

こんにちは!GA MAG.編集メンバーの藤原です。

世の中に向けてGAの魅力をお伝えするメディアである「GA MAG.」。

皆様にもっとGA MAG.について知っていただきたい、という思いから、当メディアを運営している編集長の近藤(※1)への逆インタビューを行いたいと思います!

(※1)編集部メンバー紹介!

藤原:どういった経緯でGA MAG.を運営する運びになったのでしょうか?

近藤:元々GAのカルチャーを発信するメディアを作って、会社の雰囲気や内側を知ってほしよね!という意見はあったようです。

私は新卒研修のあと、広報に配属されたのですが、内定者インターンで採用イベントの会社説明をしたり、当時の社内報の記事を書かせてもらたりしている流れで、「近藤さんやってみる?」と絢子さん(※2)に声をかけてもらえたのがきっかけですね。「編集長」という呼び名も絢子さんにつけてもらいました。まぁ、その時は編集部メンバーが私しかいなかったんですけどね(笑)

藤原:実際に任されることになったときはどのような心情だったのでしょうか?

近藤:めっっっちゃ、嬉しかったです。だって新しいメディアの立ち上げに1から携われるんですよ!予算だったりコンセプトだったりデザインを自分で考えていけるなんて、新卒の私が経験できるなんて思ってませんでしたからね!配属先が広報だと知った時も「若いうちから多くの経験ができる!」と喜びましたが、それ以上の喜びでしたね(笑)

とはいえ、経験も知識も全く無く、何から始めればいいのか分からない状態でしたので、本当に多くのメンバーに支えてもらいながら進めてくることができました。だから私はいろんな意味でGA MAG.が大好きなんです。

(※2)清水絢子の社員紹介を見る(採用サイトが開きます。)

藤原:GA MAG.では誰に対してどんなことを発信していきたいですか?

近藤:学生も含む求職者のみなさんに「GAで働くこと」をイメージできるような情報を発信していきます。その中でも特に伝えたいことは、GAのカルチャーやメンバーの特徴や魅力を通じた会社の雰囲気です。私の業務は、直接的に利益を生み出すことはありません。

しかし、活躍しているメンバーがGAで成し遂げたこと・世の中を変えたこと、そして彼ら彼女らの人となりを発信し、社会に知ってもらえるメディアは「GA MAG.」だけです。

なので「いつか自分もGA MAG.に掲載されたい!」と思ってもらえるようなメディアにすることで、メンバーにとっての新しい目標やモチベーションになることで貢献していきたいです。

藤原:どんな点を大切にして記事を書いたり企画を考えたりしていますか?

近藤:GAのリアルを伝えることですね。しっかりと、ありのままの姿を伝えなければ、カルチャーフィットをする人材採用につながらないので、GAのいいところはもちろん課題点も伝えるようにしています。


編集長の熱い思いに触れて、僕自身もますますGA MAG.が好きになりました。

GA technologiesの魅力を十二分に伝えられるよう、編集部一同精進いたします。

これからもGA MAG.をよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人

藤原 駿介